Tickle27 Furniture

woodworker.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

木のある暮らし展

木のある暮らし展
〜暮らしに寄り添う家具〜

コチラをチェック!

今年はダイニングやリビング、キッチンの家具、小物を中心に展示します。
実用的で美しく、時間とともに愛着が増してくるオリジナル家具をご堪能ください。
また、木の温もりを感じていただけるワークショップもご参加いただけます。
(先着順:ご予約承ります)
皆様のお越しを出展者一同お待ちしております。

日時:10月29日(金)~31日(日) 10~17時
(29日は12時~)
場所:茨木市クリエイトセンター(地図は裏面に記載)
参加費:無料(ワークショップのみ実費必要)
主催:NPO法人まどり HP:http://npo-madori.com/
出展者:芦塚毅 川西正晃 木村正次 佐川瑞人
津田佳恵 中野潤 服部篤 若森昭夫


皆様のお越しをお待ちしております!!!
三日間とも在中しています。
土曜日には15時から小物入れのワークショップを担当します。
先着5名様までです!お早めに!!
なんだかバタバタですが3時間後に大阪出発!!!寝る時間が〜〜〜〜!!

d0130209_105816.jpg

[PR]
by wood_worker | 2010-10-29 01:02 | 作品展

円卓2

シャッ!シャッ!!
天板の仕上げの鉋掛けしてます。
d0130209_2504642.jpg


鉋屑を盛りました。今日はトレーナー着てると暑かったな〜。
d0130209_2522796.jpg


脚の加工も済みました。
二枚ホゾでガッチリ組み立てます。
d0130209_2554987.jpg


脚も組み立てたので、そろそろ仕上げに入ります。



今日久しぶりにカラオケに行ったら、身分証明を見せて下さいと言われました。
財布を車に忘れたので取りに行ってる間、店員が私の友達に

「お連れ様は未成年ですか?」

と聞かれたそう…

仕事着のまんまでスッピンだったにしろ、未成年はひどい…。
アラサーにもなれば若く見られると嬉しいお年頃ですが、
さすがにそれはちょっと悲しいな〜。

そんな事があった一日でした。。。
[PR]
by wood_worker | 2010-10-26 03:06 | 家具製作

マキさんの円卓

高校時代の友人に円卓を頼まれました。
バレーボール部時代のキャプテンをしていた真樹さん。
同級生だけど、何故かみんな「さん」付け。
はっはっはっはっは!!!と大口開けて笑う真樹さん。
ハスキーボイスな真樹さん。
いつも笑顔が素敵で、みんなの中心でおもしろい話をしてくれてた真樹さん。

彼女の結婚式で久しぶりの再会で、私が今家具作りをしていることを話しました。
その後HPを見てくれた彼女から
「同級生がこんな仕事をしてるなんて誇りに思うよ」と後日お手紙をくれました。
この仕事を始めたことで、昔の友人との繋がりが広がり濃くなっていってることに
最近気が付きました。
どんだけ長い期間会っていなくても、会えばすぐに学生時代にタイムスリップ出来てしまう関係って
なにものにも変えがたい大切なものですね。

そんなマキさんにウォールナットで円卓を製作しはじめています。
まずは型作り。
d0130209_147265.jpg


接ぎ合わせた板を丸く粗切りしていきます。
d0130209_1591312.jpg


型にそって天板を丸くしていきます。
d0130209_1534146.jpg


ほ〜ら綺麗にまる〜くなりました。
d0130209_1545733.jpg


つづく…
[PR]
by wood_worker | 2010-10-23 01:55 | 家具製作

脱衣所のベンチ

着替えの時に、腰掛けるためのベンチです。
パッと明るいオレンジを選ばれました。
座面の下は引き出しになっていて、
前板を押したらポーンと出てくる引き出しです。
d0130209_115519.jpg


クッションの張りは、Dr.チェアーの平田さんにお願いしました。
壁付けにするやり方や、座面のシルエット、ミシンがけのイメージや細かなところまで
丁寧に教えていただきました。
ベンチを使用されるお客様がどんな方なのかも伝えて、
中のウレタンの硬さに配慮して下さいました。
勢いよく腰をかけるだろうから痛くないように、かつ柔らかすぎて沈まないようにと。
職人技に今回も助けていただきました。ありがとうございました平田さん。
[PR]
by wood_worker | 2010-10-23 01:18 | 家具製作

受け継いでいきたいもの

岐阜の木曽川町まで洗面収納の納品に行きました。
こちらの村田さまのお宅は、他から移築してきたお家だそうで
その外観や古い建具などを残してバリアフリーにリホームをされました。

今回は長島の服部木工所の建具屋さんと一緒に納品に行ったので、
古い建具を見て構造の説明をしてもらったりしたのでとても勉強になりました。
「今じゃこんな建具の仕事はほとんどないわ〜」
とつぶやいていた職人さんが少し寂しそうでした。
機械化が進んで、手作業が減り職人の技術がどんどん生活の中から無くなっていく現実を
こういう時にまじまじと感じさせられます。

細かいところまで建具を観察していると、何十年も前に職人さんが作ったその粋な計らいに
胸がドキドキしてきます。
今、便利に快適に過ごせているのはもちろんこれも人が考えて開発されたものなのだけれど
どこか味気なく人の息遣いが感じられないというか、何十年も経った時に私みたいに
それを見て心動かされることがあるのだろうかと考えると疑問が残る。

家具と建具ではまた分野が違うので、今回新たに入った建具を見せてもらい
木取りや小さなホゾで組まれたその仕上がりに、やっぱ職人ってかっこええ!!!と思いました。

私の製作した収納
d0130209_1465822.jpg

d0130209_1483153.jpg


服部木工所さん製作の建具
d0130209_1491595.jpg

見事な梁があります。ハーレーに乗るカッコええイケテル大工さん、
この天井にはとても苦戦されたそうです。。
d0130209_1511049.jpg

[PR]
by wood_worker | 2010-10-05 01:58 | 家具製作