人気ブログランキング |

Tickle27 Furniture

woodworker.exblog.jp

2007年 12月 06日 ( 1 )

学習机と木工家展のお知らせ

来年一月に 、「健康住宅コーディネート協会 まどり」 主催の木工展に参加します。
  http://www.kenko-jyuutaku.com/

***************************************
第6回木工家展
2008年1月26日(土)27日(日)10時〜17時

場所:吹田市浜屋敷ギャラリー
http://event.jr-odekake.net/spot/16259.html
**************************************

この作品展の参加は二度目になります。
前回は食器棚と、椅子を出展しました。
第五回木工家展では、入学シーズン前の2月で学習机を探しに来られる方々が多かったのですが、小学生向けの学習机を出展している方はおらず、お客様のご期待に添えなかったことから、今回はまどりさんからリクエストがありました。
と  言うことで、今回は私もデスクを製作することに決めました。

いざ学習机を作ってみようと思ったとき、自分の時はどうだったのかを振り返ってみました。

私が両親に買ってもらった学習机と言うのは、オモイッキリ一般的小学生向けの学習机でした。
正面にはミッキーマウスのイラストがデカデカと飾られていて、椅子のシートにもミッキーがプリントされていました。
ピカピカの真っ赤なランドセルを横に引っかけ、本棚には沢山の教科書やノートを並べ、
とにかく嬉しくてしょうがなかった記憶があります。

ところがミッキーにルンルンだったのは小学生までで、中学生になると自分の好みも
わかってきて、途端に幼稚に見えてきてしまう。
どんどん体は成長して、足下の横にある引き出しが邪魔で窮屈になってくるし
とにかく新しい机が欲しいと親にせがんだことを思い出しました。

たったの6年。ではなく、中学までは使いました。その後は‥…。
現在、上の大きな本棚は捨ててしまい、机と椅子は何故か実家の台所にあります。(笑)
高校からは父のシブ〜イ、ライティングビューローを譲ってもらいそれで勉強しました。

なんともったいない。
こんなことを思い出し、成人してからも使ってもらえるデスクにしたいと考えました。
できるだけシンプルに、でも子供の頃にはたっぷりかわいらしく飾ることが出来て
大きくなったときはその時のセンスを活かせるデスク。
まずは書架から製作に取り組み始めます。

今日は組み立てまで・・・
d0130209_0325157.jpg
by wood_worker | 2007-12-06 01:11 | 家具製作